日医標準レセプトソフト導入・ORCAサポート 埼玉県

お知らせ

日レセクラウド版普及促進の功労賞で表彰

日頃のクラウド推進を評価され功労賞で表彰される。国策として行われている医療におけるクラウド化は東日本大震災以降に大きく見直されてきたがまだまだの状況なのだ。原因の一つには医療機関におけるネットワークやITにおける保守的な …

■平成30年4月診療報酬改定■日医標準レセプトソフト◆対応資料

2018年03月26日 10:58 診療区分別資料 ORCA Project 平成30年5月28日更新   今回の改訂では『ドクター自らが学ばなければ取れない点数が多い』とされますが 事務員様は勿論、何時でも何 …

ご挨拶

平成13年11月20日に「日医IT宣言」が日本医師会によって宣言されました。これは医療情報交換の標準化を効率的に進めることを狙いとしてオープンソースを使ったORCAプロジェクトとして開始されました。この「世界最大規模のオープンソースプロジェクト」で一体何が起こるのか。それは我々の予想をはるかに超えた「オープンイノベーション」として日本を変えていくのではないかという予感の中でプロジェクトはスタートしました。

皆保険制度の中、我々が何処の人間であるとか、何処の会社に属しているとか、どのような社会的な地位にあるとか、どのような能力を持っているとか、年齢が何歳であるとか関係なしに医療という社会的共通資本が我々にこの日本では平等に与えられています。そこで今ORCAプロジェクトという新しい時代の扉が開かれました。

オープンソースは要求されている事を誰もが自由に実現出来る世界となっています。だからこそ誰もが引きつけられ、そのプロジェクトに貢献したくなるのではないでしょうか。その結果、日医標準レセプトが如何なるレセプトより素晴らしいものになっていくのです。それが今やクラウドとして花開こうとしているのは必然の過程と思えます。

重要な事はORCAプロジェクトは一部のIT関連企業だけのものではないということです。誰でもが参加出来る社会資本を有したプロジェクトであるという事です。

東日本大震災を経験してからローカル型のシステムからクラウド型のシステムへシフトしなければならないと誰もが考えるようになりました。またIT化を取り巻く状況は従来以上に急激な変化をしているという認識から平成13年の「日医IT宣言」から15年後の平成28年に日本医師会は「日医IT宣言2016」を公表して医療分野のIT化の新たな指針を打ち出しました。

・日本医師会は、安全なネットワークを構築するとともに、個人のプライバシーを守ります。
・日本医師会は、医療の質の向上と安全の確保をITで支えます。
・日本医師会は、国民皆保険をITで支えます。
・日本医師会は、地域医療連携・多職種連携をITで支えます。
・日本医師会は、電子化された医療情報を電子認証技術で守ります。

弊社におきましても、これらの指針に忠実に業務を推進して行く事を固く決心しております。

PAGETOP
Copyright © 株式会社ブレスドジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.