日医標準レセプトソフト クラウド版ORCA

日医標準レセプトソフトにとって最高の環境が提供されます。
導入と運用で負担の大きかったサーバの機能をクラウドで提供します。
オンライン請求システムと一体化したレセコン環境で請求業務が簡単になります。

トラブル無

サーバ無しUPS無しで
院内ハード不具合故障激減し
院内安定稼働を実現します。

何処でも

クラウドで処方箋出力や
訪問診療の実施も
何処でも自由に行えます。

運用は楽に

サーバ室も空調も不要
UPSも電源も不要で
更に買替不要も実現します。

お電話でのお問い合わせはこちら 048-233-3326

最高の信頼性のシステムが可能になりました

ORCAプロジェクト※1の日医標準レセプトソフトのユーザー数は会員方の支持を得て着実に増加を続け、
各種レセプトコンピュータの中でも代表的な存在として認知されるに至りました。
2001年の平成13年11月20日に公表された「日医IT化宣言」からORCAプロジェクトがスタートして今日を迎え
日本医師会では、2016年に今後の日医の医療分野のIT化の新たな指針として「日医IT化宣言2016」を公表、
ORCAプロジェクトも新たなステージへと向かうこととなりました。
そして日本医師会では新しい時代の日医標準レセプトソフトクラウドサービスの提供を開始しました。
現在オンプレミスで提供されている日医標準レセプトソフトは時期を見て全てクラウド化に向かいます。


※1 ORCAプロジェクト(Online Receipt Computer Advantage)は2015年12月より日本医師会ORCA管理機構(株)が運営を受託しています。


今までのORCAとは違う 6つの特徴

クラウドORCA 6つの特徴
端末の代替機の準備が容易

端末の代替機の準備が容易

インターネットに繋がるパソコンならすぐに代替機として利用可能です。 大切なデータやプログラムはクラウドにあるので安心です。

レセプトの確認がどこからでも可能

レセプトの確認がどこからでも可能

何処からでも診療内容が確認できます。訪問診療やオンライン診療に最適です。処方箋の出力も簡単に出来ます。

院内にサーバーは不要

院内にサーバーは不要

煩わしいケーブル配線や面倒な設置作業そして空調設備のある場所も必要ありません。停電を気にする必要も定電源装置UPSも不要です。

医事改定に伴う機能更新は不要

医事改定に伴う
機能更新は不要

プログラムやデータベースは自動一括更新されます。OSや日レセのバージョンアップも同様でシステムの運用管理保守業務が大幅に削減されます。

他サービスとの連携が可能

他サービスとの連携が可能

オンライン請求の為に特別なネットワークは不要となります。セキュアなネットワークサービスとダイナミックな連携が可能になり遠隔問診等も可能にします。

万一の災害時も安心データ損失の事態を回避

万一の災害時も安心
データ損失の事態を回避

面倒なバックアップは不要で万が一の災害に備えて大切なデータを日夜お守りします。災害時はすぐに復旧が可能です。

大幅なコストカットの実現

日レセ クラウドはサーバ不要でコンシューマ製品を採用できますので
通常のORCA機と比較しても初期導入時や更新時で50%強のコストカットが期待出来ます。

コストカットの実現

クラウド版ORCAのシステム構成

VPN回線はルータ型とソフト型の2種類を用意しており、両方を導入していただくことも可能です。
ソフト型のみ場合は専用ルータは必要としませんが
オンライン請求用のネットワークとしてお使いいただく事は出来ませんのでご注意ください。

電子カルテ連携につきましては現時点で連携可能なのが確認されているのが
蓼科情報株式会社のNOAX
株式会社DonutsのCLIUS

その他システム連携につきましてはご相談ください。

クラウド版ORCAを構成するネットワーク

注)この図はジャパンネットが提供するORCA VPN(ルータ型)の場合です。 IIJが提供するソフトウェア型の場合は

  • 支払基金
  • 国保連
  • ORCAベンダー

との接続はできません。

VPN:Virtual Private Network;仮想私設網
電子証明書、ルート証明書、認証、暗号化

VPN-R:CE(Customer Edge)ルータ
顧客のネットワークを構成するルータ

株式会社ブレスドジャパン クラウド版ORCA【ケース別 】導入価格

  • 現在ORCA
    を御使用中で
    既存ハードあり
  • 現在ORCA以外
    を御使用中で
    医院様でハード準備
  • 現在ORCA以外
    を御使用中で
    ハード含む納入
初期導入費 内容 金額 備考
B1 初期費用
クラウド設定
  1. ベンダーの管理サイトにアクセスするための証明書等の設定
  2. 医療機関用のテナントの利用
    データベース出力、
    クラウドサーバにインポート
    証明書等取得設定
    VPN ルータ設置
    ネットワークの設計及び設定
    クライアントのインストール
    ランチャーの設定
    印刷設定
    クライアントの接続の確認
100,000 円
B5 ORCA VPNルータ(CE-S1) 1台 60,000円 【初期導入費用合計】
160,000円
月額保守費用 内容 金額 備考
A6 ORCA VPN(ルータ型)サービス ジャパンネットの提供する
ルータ 型 VPN サービス
2,000 円
C6 ORCA ベンダーのサポート・保守料金 遠隔保守&ヘルプデスク
請求業務サポートサービス
12,000円 【月額費用合計】
14,000円
初期導入費 内容 金額 備考
B1 初期費用
クラウド設定
  1. ベンダーの管理サイトにアクセスするための証明書等の設定
  2. 医療機関用のテナントの利用
    データベース出力、
    クラウドサーバにインポート
    証明書等取得設定
    VPN ルータ設置
    ネットワークの設計及び設定
    クライアントのインストール
    ランチャーの設定
    印刷設定
    クライアントの接続の確認
100,000 円
B2 日レセ設定 マスタ登録 / 医療機関情報登録 30,000 円
B3 日レセ操作研修 3H×3回 70,000 円
B5 ORCA VPNルータ(CE-S1) 1台 60,000円 【初期導入費用合計】
260,000円
B7 他社レセコンからのデータ等移行 患者情報(保険、病名)、入力コード、自院病名 データ件数15,000件
未満 250,000 円
別途お見積り
月額保守費用 内容 金額 備考
A6 ORCA VPN(ルータ型)サービス ジャパンネットの提供する
ルータ 型 VPN サービス
2,000 円
C6 ORCA ベンダーのサポート・保守料金 遠隔保守&ヘルプデスク
請求業務サポートサービス
12,000円 【月額費用合計】
14,000円
初期導入費 内容 金額 備考
B1 初期費用
クラウド設定
  1. ベンダーの管理サイトにアクセスするための証明書等の設定
  2. 医療機関用のテナントの利用
    データベース出力、
    クラウドサーバにインポート
    証明書等取得設定
    VPN ルータ設置
    ネットワークの設計及び設定
    クライアントのインストール
    ランチャーの設定
    印刷設定
    クライアントの接続の確認
100,000 円
B2 日レセ設定 マスタ登録 / 医療機関情報登録 30,000 円
B3 日レセ操作研修 3H×3回 70,000 円
B5 ORCA VPNルータ(CE-S1) 1台 60,000円
B4 ORCAクライアントPC 2台 87,000円×2
B6 ORCA プリンタ 1台 66,000円 【初期導入費用合計】
500,000円
B7 他社レセコンからのデータ等移行 患者情報(保険、病名)、入力コード、自院病名 データ件数15,000件
未満 250,000 円
別途お見積り
月額保守費用 内容 金額 備考
A6 ORCA VPN(ルータ型)サービス ジャパンネットの提供する
ルータ 型 VPN サービス
2,000 円
C6 ORCA ベンダーのサポート・保守料金 遠隔保守&ヘルプデスク
請求業務サポートサービス
12,000円 【月額費用合計】
14,000円

*1 ORCA管理機構株式会社への費用 A6
*2 株式会社ブレスドジャパンへの費用 上記外
*3 ヘルプデスク無しのサポート・保守提供は月額7000円マイナス
注)予告なく改訂することがありますのでご承知おきください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ、ご不明な点等はこちらのフォームをご使用ください。
内容を確認後、弊社担当者よりご連絡させていただきます。

医療機関名 必須
お名前 必須
(例:山田 太郎)
住所 必須
郵便番号
※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。
住所
電話番号 必須
(半角)
メールアドレス 必須
(例:yamada@blessed-japan.com) ※半角英数字でご入力ください。
ご要望・ご質問
その他ご要望・ご質問などございましたらご自由にお書きください


PAGETOP