診療支援システム

ホーム製品情報診療支援システム


診療支援システム WOLF (紙カルテを大切にするシステム)

wolf30s

  • 厳密には「電子カルテ」ではありませんが上記「電子カルテ」の機能で実現している機能に限りなく近い機能を提供している診療支援システムというのがあります。オルカサポートセンターつまり日医より日医標準レセプトソフトの受託開発サポートを行っている会社であるメディカルドメイン株式会社が提供しているシステムでWOLFというのがあります。
  • 診療支援システムというのは大手が「電子カルテ」商戦に力を入れている中、認知度が今一歩低いところがありますがドクターの書くカルテは手書きのままで現在入力されているレセコンのデータを基本にして検査結果や画像データなども取りこんでレセコンで入力した診療データを使って患者様のデータをIT化して有効活用しようというものです。ここから様々なサマリや医療情報文書を出力出来るようになっています。
  • 電子カルテと診療支援システムの違いはある意味医療機関のIT化の切り口がレセコンからなのか電子カルテからなのかの違いでしょうか?電子カルテへの入力はドクターへの負担が大きく色々な問題があって診療支援システムがあるのではないかと思われます。


▲PAGETOP