コンピュータの最近のブログ記事

電子カルテでまず問題になるのはインターフェースである。入力がキーボードなのか?マウスなのか?タッチパネルなのか?最近では音声入力というのもあるが、このインターフェースで使い勝手は決まる。

ITの世界ではキーボード→マウス→タッチパネルと変遷しつつあるが電子カルテの話をすると、やはり手書きの方が良いという話になる。ならばという事なのであろうか「手書き電子カルテ」を開発している会社があるのだ。タッチパネル志向は確かに流行であるが何処まで出来るかは程度があって「くせのある字」まで認識出来るという事になるとどうであろうか?そして、勿論ORCAと連携する。手書き入力を研究している大学と連携しながら手書き文字の認識能力を飛躍的にアップさせているらしい。

確かにsiriなどの音声入力は驚くべきものがあるが手書き文字の認識率も現在驚くべき成長をしているようで、それこそキーボードやマウスなしでペンだけで全ての入力が出来てしまうというものらしいのだ。人はキーボードやマウスで入力を行っていたが結局またペンに戻るというこのなのであろうか?

電子カルテは今だ戦国時代。実に色々な電子カルテが存在する。「待てば待つほど良いものが出来て来る」と何処かの先生が言っていたが、どのメーカーも電子カルテ商戦を展開している。何故ならORCAが出て来てレセコンでは勝負にならなくなったからなのだ。クラウドやタッチパネル型端末など花盛りである。

問題はこの電子カルテ戦国時代を制するものは一体何なのかという事である。その答えの一つがこのインターフェースの問題にあり「手書き電子カルテ」にあるのではないかという気がしたのだがどうなのであろうか?これはまた今後のITの方向性についての問題とも言えるのではなだろうか?

人はコンピュータとのやり取りでも人と人の関係と同様に結局手書きや音声に戻るというのは未来予想としては面白いと考えた。

以前からusbORCAの存在は知っていたが作る必要性がなかったので一度も作った事が無かった。しかし、ある教育機関様より日レセを使いたいという打診があって、20台あるWindowsマシンを出来ればDualブート出来るようにして使いたいという要望があった。

そこで必要性が出て来たのがusbORCAだ。WindowsではvmplayerORCAを使っている人の方が恐らく多いように思われるが、何分教育用なので多少レスポンスに問題があってもusbORCAの方が良いと考えた。vmplayerORCAでは初心者が操作するのに操作が難しいのではないかと思われるからだ。それにWindowsを立ち上げてからまたvmplayerでUbuntuを立ち上げなければならないのはWindowsを使うのであれば問題ないがWindowsを使わない場合はどう考えてみても二度手間で面倒である。

ただusbORCAの場合はusbメモリからの起動が出来なければならない。BIOSの画面を見て+usbハードディスクの表示があれば大丈夫だと思われるがUbuntuが認識してくれるかどうかはやってみないと分からない。しかし、一旦出来てしまえば20台分をコピーすれば良いわけであるから簡単である。usbはUbuntu10.04で普通にインストールして4ギガもいかないから8ギガもあれば十分ではないだろうか。

(0) BIOSで起動順序を変更する。一番目がCD/DVDで二番目をusbハードディスク三番目を通常のハードディスクとする。

(1) 通常のUbuntu10.04インストール用ディスクを準備する。これは日医の日レセのインストール手順書に書いてあるものである。

(2) 日医の日レセのインストール手順書でハードディスクのパーティショニングで手動を選びusbメモリをインストールするハードディスクに変更するだけである。例えばsdbとかになっているところをインストール対象とするだけだ。購入したばかりのusbメモリならばWindows用になっていてntfs等の領域になっているが、その場合は全て削除し、そこに「ガイドによるパーティション」を行えばsdbにext4に/というroot領域とスワップ領域を自動的に作ってくれる。書き込む時はくれぐれも注意しないとWindowsも壊してしまうので細心の注意が必要だ。長いインストールの後の最後にマスターブートレコードにGRUBブートレコードをインストールしますか?と聞いて来るのでYESとする。マスターブートレコードと言ってもusbメモリのマスターブートレコードなので大丈夫なのだ。

(3) ただusbなのでインストールに時間がかかる。またusbなので起動にも時間がかかる。インストール自体は 日医の日レセのインストール手順書通りにやれば問題なくインストール出来る。ベースシステムのインストールで2時間以上。gnomeのインストールが完了するまでで、又2時間以上。日レセインストールで2時間以上。

(4) 出来あがったusbは基本的にはNICのMACアドレスの問題等があるのでインストールしたマシンでしか基本的には使えないが、インストールにはまる一日かかるので同じ機種のマシンの場合はusbをコピーしておいて後から再設定する。しかし、usbのコピーも1時間近くかかるので20台となると結構大変である。

しかし、どう考えてみてもDualブートは危険だと思った。どうしてもやってくれと言われれば専用ソフトを使ってバックアップをとりながらやれば問題なく出来ると思うが、今までの経験から結局Windowsの方もUbuntuの方も両方とも壊してしまう可能性が高いと思った。Windowsの方も自分が担当するならまだしも勝手にパーティションを縮小してUbuntuを導入するのは管理ベースで問題があると言わざるを得ない。

usbORCAだと管理上の問題はWindows側と完全に分割されるので良いのであるがレスポンスが問題である。一旦動かしてしまえば日レセもサクサク動くが、開始と終了時はちょっと反応が遅くストレスを感じてしまう。
ページは表示されているのに本文だけが真っ白なのだ。
Macでも使えるし変だと思って色々調べてみるとInternetExplorer9が良くないようなのだ。
MovableTypeのサイトに行くと

Firefox 3.5 以降を使用するか、Internet Explorer 9 の「互換表示」設定をお試しください。
「互換表示」設定については、以下マイクロソフト社のサイトをご参照ください。
互換表示は面倒なので、いつも使うブラウザをFireFoxに変更した。
情けないのは以前もこの問題にぶつかってムダな時間を消費した事である。
そして、その時も「ブラウザをFireFoxに変更した」はずなのだが気がつくと理由は忘れたがまたInternetExploreを使っていた。
さすがに今回は以前も「こんな事あったな」という事で対応は早かったのであるが忘れない為にブログに書き留めておく事にした。

「日医標準レセプトソフトを動作させるのに最適なハードウェアは何か?」という問題を考えた場合に「動くのであればパソコンは何でも良い」というのが答えではないかと思うのである。サーバとして最低raid1は必要だとか?サーバ用として売られているコンピュータが必要だとか?メーカ品でなければならないとか?最新のスペックでなければならないとか?別に中古でも良いし、ノートパソコンでも良く、普通に使っているパソコンでいい。廃棄される理由が「動画などを見るのに遅すぎるから」というようなものの場合は廃棄されるパソコンでも十分動作可能なものがある。要するに現在、家庭や事務所で普通に使っているパソコンで十分過ぎるぐらい十分なのだ。普通の会計ソフトをインストールするよりももっと低スペックで十分動作可能なのである。その理由はWindowsではなくLinuxだからというのが大きい。

Ubuntuフォーラムには次のようにインストール条件がかかれています。「Ubuntuはx86 PC、64ビットPCで利用することができます。少なくとも256メガバイトのRAM(Desktop CDを使ってインストールする場合は少なくとも384メガバイトのRAM)と4ギガバイトのディスクスペースが必要です。」もちろん日医標準レセプトソフトを導入する場合は20ギガバイトは欲しいが...。

このように考えた場合には本当にITは贅沢品である事に気付かされる。途方もなく大きなハードディスクと十分過ぎるメモリそしてCPUだ。マルチメディア対応しているのであろうが、普通にインターネットする人間にとっては「一体何に使うの?」と問いかけたくなるスペックである。そして二重三重に信頼性をさらに向上させるという名目でraidのような必要性を疑問視されるような冗長性を持ったrichなハードウェア構成である。要は現在の商業ベースに乗っているITというのは大手メーカが作ったブランド品のようなものではないだろうか?そこに電子カルテを搭載して途方もない高額マシンが医療の分野で売買されている状況は何を意味しているのであろう。

poorなマシンでも動作可能なのが日医標準レセプトソフトであるが、以外に見落としがちなのは400床以上の病院でも同じソフトで動作させる事が出来るという点である。診療所だけではなく病院でも使える。これは過去にunixがマイクロマシンから大型の汎用機まで動作させる事が出来ると言われていた事を思い出させる。どんな医療機関でも導入可能なのに未だ紙ベースでやっていたり、高額な電子カルテを導入したりしている状況の中で「日医IT化宣言」が伝わらない状況は如何にして変えられるのであろうか?

ただ残念なのは日医標準レセプトは医科だけで歯科や薬局には対応していない事である。メニューには余裕があるようなのだが...。

ipad_orca.JPG

日レセはサーバーなのでiPadでも日レセを動かせます。同様にして画面は小さいけれどiPhoneでも日レセが使えます。この場合は画面が小さいので使い辛いですがiPadならば何とかなりそうです。どうしても何もかもiPhoneやiPadを使いたい人には良いかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちコンピュータカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはORCAです。

次のカテゴリは医療事務です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。