日医IT宣言の最近のブログ記事

「日医標準レセプトソフトを動作させるのに最適なハードウェアは何か?」という問題を考えた場合に「動くのであればパソコンは何でも良い」というのが答えではないかと思うのである。サーバとして最低raid1は必要だとか?サーバ用として売られているコンピュータが必要だとか?メーカ品でなければならないとか?最新のスペックでなければならないとか?別に中古でも良いし、ノートパソコンでも良く、普通に使っているパソコンでいい。廃棄される理由が「動画などを見るのに遅すぎるから」というようなものの場合は廃棄されるパソコンでも十分動作可能なものがある。要するに現在、家庭や事務所で普通に使っているパソコンで十分過ぎるぐらい十分なのだ。普通の会計ソフトをインストールするよりももっと低スペックで十分動作可能なのである。その理由はWindowsではなくLinuxだからというのが大きい。

Ubuntuフォーラムには次のようにインストール条件がかかれています。「Ubuntuはx86 PC、64ビットPCで利用することができます。少なくとも256メガバイトのRAM(Desktop CDを使ってインストールする場合は少なくとも384メガバイトのRAM)と4ギガバイトのディスクスペースが必要です。」もちろん日医標準レセプトソフトを導入する場合は20ギガバイトは欲しいが...。

このように考えた場合には本当にITは贅沢品である事に気付かされる。途方もなく大きなハードディスクと十分過ぎるメモリそしてCPUだ。マルチメディア対応しているのであろうが、普通にインターネットする人間にとっては「一体何に使うの?」と問いかけたくなるスペックである。そして二重三重に信頼性をさらに向上させるという名目でraidのような必要性を疑問視されるような冗長性を持ったrichなハードウェア構成である。要は現在の商業ベースに乗っているITというのは大手メーカが作ったブランド品のようなものではないだろうか?そこに電子カルテを搭載して途方もない高額マシンが医療の分野で売買されている状況は何を意味しているのであろう。

poorなマシンでも動作可能なのが日医標準レセプトソフトであるが、以外に見落としがちなのは400床以上の病院でも同じソフトで動作させる事が出来るという点である。診療所だけではなく病院でも使える。これは過去にunixがマイクロマシンから大型の汎用機まで動作させる事が出来ると言われていた事を思い出させる。どんな医療機関でも導入可能なのに未だ紙ベースでやっていたり、高額な電子カルテを導入したりしている状況の中で「日医IT化宣言」が伝わらない状況は如何にして変えられるのであろうか?

ただ残念なのは日医標準レセプトは医科だけで歯科や薬局には対応していない事である。メニューには余裕があるようなのだが...。

日医IT化宣言 より引用
平成13年11月20日
社団法人 日本医師会

ここにORCAの原点がある
日本医師会は、医療現場のIT(情報技術)化を進めるため、土台となるネットワークづくりを行うことを宣言します。まず各医療現場に標準化されたオンライン診療レセプトシステムを導入し、互換性のある医療情報をやりとりできるようにする計画(ORCA、Online Receipt Computer Advantage)を推進します。この計画のために日医が開発したプログラムやデータベースはすべて無償で公開されます。医療現場の事務作業の効率化を図り、コストを軽減させると同時に、誰もが自由に利用できる開放的なネットワークを形成し、国民に高度で良質な医療を提供することをめざします。
「まず」というところが重要である
医は仁術であるばかりでなく、日々進化する「技術」系であり、またIT時代を迎えて貴重な「情報」系にもなっています。しかしながらわが国の医療現場では、高度な医療機器に見合う情報系の整備が遅れています。医療機関の8割は毎月の診療報酬を請求するための専用コンピューター(通称レセコン)を導入していますが、他の病院、他の医療機器とはほとんど互換性がなく、データのやりとりもできない「ネットワーク不在」の状態です。
医療の世界では標準化とネットワーク化が遅れているのである
これはレセプト(診療報酬明細書)の処理を紙の洪水にする無駄ばかりでなく、個々の医療情報の流通を滞らせることによって、医療現場の非効率を招いたり、良質な医療の浸透を妨げかねません。このため日医は、IT時代の国民皆保険を支えるインフラストラクチャー(基盤)作りに自ら乗り出すことが必要と考えました。


皆保険制度を実現させたのも日本医師会であると言われている

インフラとなる医療情報の標準化やネットワークづくりがこれまで進まなかったのは、情報を独占する特殊法人を抱えた行政側が消極的で、シェア争いや営利追求を優先せざるを得ないメーカーも自社システムを閉鎖的にしてきたなどの事情があったからです。このため日医のORCAは、医療情報交換の標準化を効率的に進めることを狙いとして、開発したプログラムや医療データベースを万人に無償で公開することにしました。
医療情報システムのオープンソース宣言
プログラムの公開(オープンソース)は、日医とユーザーが結ぶ使用許諾契約に沿って行なわれ、基本システムが自律的に改良され進化していくとともに、周辺にそれを応用したベンチャービジネスが誕生する素地もできます。また多くのプログラマーが参加するため、否応なくシステムのセキュリティーも高まり、特定企業に独占される恐れがなくなります。
特定企業独占禁止
もちろん、ユーザーによるプログラムの改良を認めるとはいっても、医薬品の併用禁止品目など人の生命そのものにかかわるデータベースについては、改変を禁ずるなどのガードを施してあります。こうした措置により、単に診療報酬請求などの事務処理を合理化するだけでなく、将来は懸案である「電子カルテ」開発などを促すことが期待できます。
電子カルテへの期待
公共システムへのオープンソース制採用はフランスをはじめ幾つかの国にでも検討されていますが、その必要性は公共性の高い日本の医療においてはなおさらです。従来のような「先導者なきシステム普及」よりも、医療のプロ集団である日医が先頭に立ち、公共財としての医の情報系ネットワークづくりへ向けてイニシアチブを取る決意をいたしました。
前例のない360万ステップの世界最大と言われるオープンソースによって何が起こるのであろうか?


日医IT宣言は日々読み返すべし!

平成13年11月20日 社団法人 日本医師会

日本医師会は、医療現場のIT(情報技術)化を進めるため、土台となるネットワークづくりを行うことを宣言します。まず各医療現場に標準化されたオンライン診療レセプトシステムを導入し、互換性のある医療情報をやりとりできるようにする計画(ORCA、Online Receipt Computer Advantage)を推進します。この計画のために日医が開発したプログラムやデータベースはすべて無償で公開されます。医療現場の事務作業の効率化を図り、コストを軽減させると同時に、誰もが自由に利用できる開放的なネットワークを形成し、国民に高度で良質な医療を提供することをめざします。

医は仁術であるばかりでなく、日々進化する「技術」系であり、またIT時代を迎えて貴重な「情報」系にもなっています。しかしながらわが国の医療現場では、高度な医療機器に見合う情報系の整備が遅れています。医療機関の8割は毎月の診療報酬を請求するための専用コンピューター(通称レセコン)を導入していますが、他の病院、他の医療機器とはほとんど互換性がなく、データのやりとりもできない「ネットワーク不在」の状態です。

これはレセプト(診療報酬明細書)の処理を紙の洪水にする無駄ばかりでなく、個々の医療情報の流通を滞らせることによって、医療現場の非効率を招いたり、良質な医療の浸透を妨げかねません。このため日医は、IT時代の国民皆保険を支えるインフラストラクチャー(基盤)作りに自ら乗り出すことが必要と考えました。

インフラとなる医療情報の標準化やネットワークづくりがこれまで進まなかったのは、情報を独占する特殊法人を抱えた行政側が消極的で、シェア争いや営利追求を優先せざるを得ないメーカーも自社システムを閉鎖的にしてきたなどの事情があったからです。このため日医のORCAは、医療情報交換の標準化を効率的に進めることを狙いとして、開発したプログラムや医療データベースを万人に無償で公開することにしました。

プログラムの公開(オープンソース)は、日医とユーザーが結ぶ使用許諾契約に沿って行なわれ、基本システムが自律的に改良され進化していくとともに、周辺にそれを応用したベンチャービジネスが誕生する素地もできます。また多くのプログラマーが参加するため、否応なくシステムのセキュリティーも高まり、特定企業に独占される恐れがなくなります。

--------------------------------------------------------------------

何度読んでも素晴らしい!
何度も読まねばならない!

http://www.orca.med.or.jp/orca/sengen/declaration.html

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日医IT宣言カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日レセです。

次のカテゴリは日医認定サポート事業所です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。