DELL vostro1520にUbuntu8.04をインストール

Ubuntu9.10からVMplayerを使ってUbuntu8.04を動かすのはどうも納得出来なくて色々調べてみるとインストール出来るようなのだ。


I found that its because of Network adaptor and when I disabled "Integrated NIC" from BIOS , Live CD has been booted without problem!!!!
Knoppix boots but it ignores network interface
and lspci says my network adaptor is:
Code:
08:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 03)Now, I need My network adaptor ! I can Install Ubuntu with this trick but when I enable it again Ubuntu will not boot again ,
What can I do?
Can I disable it - install ubuntu and install it's driver from source then reEnable it ?
does it work?
does anyone tried it?
Thank you.

だそうだ。

ところが、色々と調べてみるとORCAのメーリングリストで既に問題となっていた。


PC名はvostro 1520です。
内蔵NICはRealtek8168なのですが、UbuntuをインストールするとRealtek
RTL8169のドライバーが登録されてしまいます。
対策をネットで調べ以下のようにしましたら、その時にはLANが繋がるように
なりますが、再起動すると繋がらないのです。その理由は削除したはずの8169
のドライバーが再起動後に再び登録されているのです。再起動でも繋がるよう
にする方法は調べきれませんでした。
その方法です。
1)インストールされているr8169のドライバーを削除。
rmmod r8169
2)他のPCでダウンロードした8168用のドライバーを解凍、インストール。
8168用のドライバーはr8168-8.014.00.tar.bz2です。
ドライバーを/tmpに入れた後、
$sudo -i
#cd /tmp
#tar vjxf r8168-8.014.00.tar.bz2
解凍後できたフォルダr8168-8.014.00に移動し、ドライバーをインストールし
ます。
#cd r8168-8.014.00
#make clean modules
#make install
#depmod -a
#modprobe r8168 
3)ドライバーがインストールされていることを確認。
lsmod | grep r8168
4)LANインターフェースが有効であることを確認。
ifconfig -a
eth0が表示されていることを確認。
以上によってLANが使えるようになります。しかし、再起動でr8169が戻ってし
まいLANが使えない状態になります。この時にr8169の削除ではどうにもなりま
せん。
インストールに使ったubuntuはサーバー版はLANが繋がっていないとmakeコマ
ンドがインストールされないようなので、ubuntu-8.04.1-dvd-i386.isoを使用しました。これによってmakeコマンドが使えました。


ポイントはORCAのホームページで紹介されているUbuntu8.04のインストール方法ではなくてubuntu-8.04.1-dvd-i386.isoを使うところである。しかし、これを作成するには4ギガ近くの内容をインターネットからダウンロードしなければならない。
上記のドライバは
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsView.aspx?Langid=4&PNid=5&PFid=5&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false#RTL8111B/RTL8168B/RTL8111/RTL8168%3Cbr%3ERTL8111C/RTL8111CP/RTL8111D%28L%29%3Cbr%3ERTL8168C
これに対して回答があって...


一応、r8168のドライバーのビルドが巧くいっている事が前提になりますが。
(カネールを替える度に、同様にしなければならいかも?ですね)
xxの処は環境に合わせて読み替えてください。
(1)、(2)を終えたら、
(a) # insmod /lib/modules/2.6.xx-xx-server/kernel/drivers/net/r8168.ko
(b) # depmod -a
(c) # echo "blacklist r8169" > /etc/modprobe.d/blacklist-network
(d) # update-initramfs -u


解決策がちゃんとあるんだ!さすがだね。
自分の諦めの早さにちょっとがっかり。
「カネールを替える度に、同様にしなければならいかも?」
とあったが実際にやってみると
 #aptitude update
 #aptitude upgrade
で実際にカーネルが書き替わり本当に同じ事をやらねばならなくなった。これでは面倒であるが、これには別解があるような気がしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blessed-japan.com/blog/mt-tb.cgi/29

コメントする

このブログ記事について

このページは、株式会社ブレスドジャパンが2010年1月30日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DELL vostro1520でUbuntu8.04をVMで起動」です。

次のブログ記事は「医見書のUbuntuへのインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。