医事オペレータ技能認定試験

資格のポイント 2級メディカルクラーク取得者が対象の試験で、合格者にはメディカルオペレータの称号が与えられる。
資格概要 医療事務業務のコンピュータ化に伴い、医療機関でのニーズが高まっている医事オペレータの知識・技能を評価・認定し、その社会的経済的地位の向上に資する事を目的として実施。
受験資格 2級メディカルクラーク(医科)取得者であり、教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定過程により認める「医事オペレータ技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医事コンピュータ教育過程を履習した者。
受験科目 コンピュータ操作に関する実技試験。外来・入院の診療伝票から患者情報、病名情報、診療情報を入力しレセプトを発行する。
実施時期 年12回(毎月)
受験料 7500円
受験地 全都道府県の指定会場
合格発表 70%以上の得点率を合格とする。合否は試験日から約1ヶ月後に郵送で通知される。合格者には結果通知から約1ヶ月後に合格証が交付される。
主催団体 財団法人 日本医療教育財団
問い合わせ先 〒101?0064 東京都千代田区猿楽町2?2?10
電話03?3294?6624


以上は試験についての紹介だ。医事会計ソフトは富士通のSX?Pが使われる。2級メディカルクラークには一応合格したので一応受験資格はあるわけである。2級医療事務技能審査試験(2級メディカルクラーク)ではレセプト点検があるがこれはレセコンで出力した結果であるのでレセコンの操作技術は前提となっていると言える。この試験ではレセプト入力をやるのであるから補完的な関係にある資格と言えるかもしれない。両方やって知識は確かなものになったと言えるのである。
ただ、一時間で外来3件と入院一件を入力するのはスピードを要求されていて、私などは走れないスピードで走れと言われているような気がしてしまう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blessed-japan.com/blog/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、株式会社ブレスドジャパンが2009年9月19日 22:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2級医療事務技能審査試験」です。

次のブログ記事は「DELL vostro1520でUbuntu8.04をVMで起動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。